初期の便秘に効くヨーグルトで便秘解消

それほど頑固ではないけれど便秘症状が続いて不快感があるようなら、ヨーグルトを試してみることをおすすめします。
健康な腸の状態と言うのは善玉菌が優勢になっている状態です。
ヨーグルトには腸内環境を整えてくれる善玉菌であるビフィズス菌を増やすために必要な乳糖が豊富に含まれています。
つまりヨーグルトを接種することで善玉菌を増やし悪玉菌を減らす効果があるのです。 腸内環境をゆるやかに整えてくれるヨーグルトですが、口から接種した乳酸菌の99%は死滅してしまいます。
便秘解消の効き目を期待するためにはヨーグルトの毎日継続的にとる必要があるのです。
ヨーグルトを食べることでせっかく改善した腸内環境も、食べるのを止めてしまうとまた元に戻ってしまい、便秘がさいはつしてしまいます。
一日に食べるヨーグルトは200〜300グラムが適量と言われますが、この量を毎日とり続けるのは以外とたいへんです。
料理やドレッシングに加えたり、便秘に効くフルーツ類、リンゴ、バナナ、あるいはきな粉などを加えて飽きのこないように食べる工夫が必要でしょう。
また、これら食物繊維を多く含む食品を加えることで効果も倍増します。
一石二鳥ですね。 ヨーグルトは購入したらなるべく早めに食べきるようにしましょう。
乳酸菌は空気に触れることで死んでしまい長期間保存には向いていません。
最近ではフレーバーや中にフルーツの入ったもの。個体、液体などさまざまなタイプが売られていますが、長く続けることを考えて、自分の好みに合うタイプのものを選ぶのが良いでしょう。
以前になったカスピ海ヨーグルトなどはクレモリス菌という特殊な菌が含まれ多少粘り気があるのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です