便秘に体に優しいオリゴ糖の働き

便秘の解消方法としてオリゴ糖が注目され始めてからずいぶん経ちますが、このオリゴ糖がなんであるか正しく理解している人は少ないように思えます。
オリゴ糖は炭水化物の一種、多糖類にあたります。
オリゴ糖そのものは低カロリーな甘味料であり、砂糖と比べてもカロリーは半分程しかありません。
オリゴ糖自体はほとんど吸収されることのない難消化性でありながらビフィズス菌の活性化をするなどの性質から、腸内環境の改善に取っては非常に重要な要素となっています。
オリゴ糖は自然の野菜やはちみつにも含まれますが、ごく微量なため通常食品に含まれているのは、たいがいが人工的につくられています。
甘味料にもかかわらずカロリーの吸収が少なくキャンディー、お菓子。
乳製品など多くの食品に用いられています。
ビフィズス菌はオリゴ糖を好んで食べます。
結果、多くのオリゴ等を摂ることで、ビフィズス菌が活性化され、悪玉菌が減り、善玉菌が増え、便秘、下痢、両方の症状が改善されるのです。
また一部ではオリゴ糖は余分なコレステロールや胆汁酸を吸収し、排泄することにも役だっていると言われます。
さらには糖質でありながらカロリーの吸収がほとんどないため糖尿病の治療にも用いられます。
医薬品や便秘薬の常用ばかりでは耐性を生じて、効き目が鈍くなるといった危険性があります。
オリゴ糖を食べてビフィズス菌を増やすという方法は体にも無理の無い優れた便秘解消法といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です