妊娠初期の便秘と生まれたばかりの乳幼児

妊娠初期の女性の便秘にはさまざまな要因が関係しています。
黄体ホルモンの分泌が盛んになることで腸の働きが悪くなる。
子宮が大きくなることで骨盤や腸が圧迫される。
体内の水分が子宮に集まることで便秘になりやすいなど、妊娠期間が進むにつれて症状もしだいに悪化してきます。
また便秘が原因で痔もになりやすく、逆に痔が悪化して便秘がひどくなるような悪循環に陥る場合もありますので要注意です。
妊娠初期ではまだそれほどお腹も大きくはないので、中期以降に比べると便秘になることも比較的少ないのですが、とはいえ普段から食生活に気をつけて食物繊維を多く摂るように心がけましょう。
お腹の子供をいたわるために極端に運動量を減らすことも便秘の原因の一つです。
自分の体調をうかがいながら適度な運動を取り入れることは便秘解消のためにも必要なことです。
ウォーキングや軽いストレッチ、腸の動きを適度に刺激するような運動を心がけるとよいでしょう。
また便秘になってしまった場合でも、妊娠期間中は強いマッサージやアロエ、ヒマシ油の成分が入ったものを摂取することは避けましょう。
特に浣腸やあまりお腹に力を入れるようなことは流産や早産に影響する場合がありますので充分気をつけましょう。
つわりで食欲も無く、しかも便秘に悩まされるようであればお医者さんに相談し、妊婦用に最適なお薬を処方してもらうのが良いでしょう。
状態に適した柔らかな効き目のお薬を処方してもらえます。

便秘がつらい子供と乳幼児

大人同様、乳幼児や子供でも2~3日以上便が出ないといったケースは良くあることです。
慢性的に便秘になっているような子供も以外と多いのです。
乳幼児の場合では、母乳には腸内環境を改善してくれるビフィズス菌が含まれているため、母乳で育てる方がミルクで育てるよりも赤ちゃんは便秘になりにくいと言われます。
乳幼児の便秘の原因としては、生まれつきの体質によるものの他、腹筋力が弱いために起こるもの、水分不足などが考えられます。
腹部のマッサージでも改善する場合がありますが、ベビーオイルを塗った綿棒で校門をやさしく刺激したり、水分不足であればジュースや薄い砂糖水等を与えると良いでしょう。
子供でも小学生くらいになると大人と同じ原因で便秘になることが多いようです。
特に食生活では不規則な食事を避け、野菜や食物繊維の多く含まれるものを食べさせるようにしましょう。
知らず知らずのうちにタンパク質ばかりが多くなり便秘になる場合もあります。ファーストフードやお菓子、レトルト食品などは便秘の他にも、栄養の偏りの原因になります。
またまれに学校では安心して排便できずに我慢してしまい、便秘になってしまう子供がいます。
こうした場合でも家庭では問題なく排便できます。こうしたケースでは、排便が決して恥ずかしいことではないことをやさしく教えてあげる必要があります。
子供の便秘は大人の責任です。
普段から食事の内容に気を配ることがなにより重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です