便秘とダイエットには関係あるの

せっかくダイエットしても思ったように体重が減らない。
それどころか肌荒れや体調不良になってしまうような場合があります。
こうした症状の原因の多くは便秘です。
ダイエットではどうしても軽い野菜中心の食事となり、栄養のバランスを崩しがちです。
栄養のバランスが悪いと体調が低下し、胃や腸の働きもまた弱まってしまいます。
特にダイエット時に好まれるトマト、きゅうり、レタスなどの野菜には食物繊維もあまり含まれていません。
食物繊維を多く含む根菜類やキノコ、海藻などを加えるなど献立に工夫することが大切です。
またダイエットでありがちな朝食を抜く、というのは最もよくありません。
朝食をとらないと胃腸はずっと休止したまま、便意を感じるきっかけや刺激がなくなってしまいます。
しかも一食分の食事の量が減るので便のボリュームが増えず、排出されにくくなります。
またダイエット中は十分な水分を摂取するようにしましょう。
水はどれだけ飲んでもカロリーはありませんので制限する必要はありません。
水分の不足は便秘を招きます。
特に朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲む習慣は腸を刺激する効果があります。 ダイエット効果を期待して安易に便秘薬を用いる人がいますがとても危険なことです、絶対に止めましょう。
便秘でもないのに便秘薬を常用すると腸が慣れてしまい。
いざという時に薬なしでは排便できなくなり、また必要な栄養素も排泄されてしまい栄養失調に陥ってしまう場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です