便秘に悩む対処法にお茶

便秘に悩む人は多く、対処法もさまざまです。
食物繊維を豊富にとったり、適度な運動、あるいは最初から医者に任せて処方される薬に頼るなど沢山ありますが、どの方法もある程度の根気を必要とします。
その点お茶を飲むだけで便秘解消ができるならこれは願っても無い楽な方法です。
お茶はカメリア属チャから作られるものでこの中には紅茶、ウーロン茶などの発酵茶と抹茶などの不発酵茶が含まれます。
お茶にはカテキンが含まれ、カテキンは便のボリュームを増やしたり、便の臭いを軽減するのに役立ちます。
また厳密にはこれら以外のお茶はお茶ではなく本来生薬に分類されるべきものですが、煎じて飲むスタイルから習慣的にお茶と呼ばれています。
便秘解消に効果のあるお茶の代表と言えば、センナ茶やドクダミ茶などがまず上げられます。
センナ茶の主成分センナには大腸を刺激するセンノシドが含まれており葉には特に多く含まれるため医薬品として利用されます。健康茶として飲むセンカ茶は茎の部分を使用しています。
ドクダミ茶は日本でも古くからお茶代わりに使われてきました。
便秘以外にも解毒作用や抗菌作用があり万能茶とも呼ばれます。
センナ茶とドクダミ茶はいずれも十分な効果が期待できますが、その反面刺激が強く、とり過ぎには十分な注意が必要です。
比較的穏やかな効き目で人気の高いお茶にはシモン茶、杜仲茶、ゲンノショウコ茶、養麗健茶(ようれいけんちゃ)などがあります。
シモン茶にはヤラピンという食物繊維と相性のいい成分が多く含まれており、養麗健茶はタンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富な食物繊維と共に含んでいます。
いずれのお茶にも利点や逆に刺激が強すぎる、香りがあまり良くないなど長所、短所があります。症状や好みに合わせて徐々にとりいれて行くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です